ガラスコーティングのメンテナンス方法は?そして専門店だから出来るアフターフォローについて。

 636 view
磨きの技術

ガラスコーティングのメンテナンス方法とは

ガラスコーティングを施工しても、車の使用状況や駐車環境などにより雨染みや落ちにくい汚れが付着します。
普段の洗車では落ちにくい付着物もプロ用のケミカルで除去し、コーティング性能を最大限に発揮出来るように戻してあげ、長期に渡りお車の美観を維持することが可能です。

当店のガラスコーティングメンテナンスメニュー

当店では3種類のメンテナンスコースをご用意しております。

  • Aコース:お車に付着した汚れを除去し、コーティング性能を復元又は補充
  • Bコース:ボンネット、ルーフ(屋根)軽研磨後コーティングを塗布
  • Cコース:ボディ全面軽研磨後コーティングを塗布

料金表(税抜き)

ガラスコーティングのメンテナンスは半年もしくは1年毎がおすすめです。

  Aコース Bコース Cコース
SS 7,100円 14,200円 28,400円
S 7,500円 15,000円 30,000円
M 7,900円 15,800円 31,600円
L 8,400円 16,800円 33,600円
LL 9,400円 18,800円 37,600円
XL 10,500円 20,800円 42,000円

どのコースを選べば良いのか?

Aコースは通常メンテナンス。
Bコースはボンネットやルーフ(屋根)の小キズやシミが気になりだしたお客様にオススメです。
Cコースはお車全体にキズが入ってしまい、もう一度綺麗にしたいお客様にオススメです。

専門店だからこそ出来るアフターフォロー

カーコーティングは施工して終わりではなく、始まりです。
施工できる場所(ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品量販店など)は多くなりましたが、その後のフォローは的確に出来ているでしょうか?施工後に、シミなどが気になってお店にいくと「シミは取れませんや、お客様の保管が悪いのでは?」と対応された、という声を聞くこともあります。

また、施工した後にメンテナンスキットをもらった方もいると思います。しかしながら、面倒でやらなかったり、ちゃんとメンテナンスキットを使っていたが満足のいく状態が続かなかった。それどころか、年々酷くなってしまったという経験ありませんか?お車によって状態は様々です。施工して終わりではなく、きっちりとアフターフォロー(コーティング性能を維持させる為のメンテナンス)をすることにより、お車の美観を維持できます。

関連記事

車の塗装に極力ダメージを与えずに磨く研磨技術「デュアルマシステム」を導入

 2000 view

大車輪では栃木県内では初のデュアルマシステムを導入いたしました。デュアルマシステムとは、車の塗装に極力ダメージを与えずに...

記事を読む

カーコーティングは施工後のメンテナンスが重要です。

 1817 view

お車は日々、紫外線や酸性雨など四季折々のダメージを受けています。お車の使用状況や駐車環境によっても変わりますが、コー...

記事を読む